風呂敷の生地について

ふろしきの特注制作販売専門店である当店で取り扱っております生地についてご紹介致します。参考までにご覧下さい。

  • 山東(シャンタン)

    綿を素材とする伝統的な生地なひとつで本来は絹織物のことを言います。横糸だけに一定の太さではないスラブ糸を使用することで特注風呂敷の表面に独特の味わい深い風合いを醸し出すことができます。昔ながらの反応防染などにおすすめです。

  • ちりめん風メロンアムンゼン

    メロンの皮の表面のような網目のような凹凸のあるちりめん風の化学繊維素材の生地です。写真画像やグラデーションなどのフルカラーでオーダー風呂敷をオリジナル作成したい場合におすすめで、価格に関しても激安で承っております。

  • 古代ちりめん

    右回りと左回りに強く捻られた横糸と、反対に殆ど捻りのない縦糸を使って表面に独特の凹凸のある縮緬に似せて制作された化学繊維素材の生地です。皺になりにくく、しなやかな風合いが特徴で、フルカラー印刷を施す予定の風呂敷に向いた素材になります。

  • ブロード

    横糸に対して縦糸はその二倍の密度があるため強度に優れた綿素材です。昔ながら反応防染などでふろしきを名入れ製作する場合によく利用される生地で、引き出物や贈り物と言ったプレゼント用、また物販用としても、老舗の当店では人気の高い素材です。

  • 天竺木綿(てんじくもめん)

    Tシャツなどの衣類にも広く利用されている綿素材で、昔インドから伝わってきたことからこの名前が付いたと言われています。反応染めで誂えられる風呂敷の素材として利用されることが多く、こちらもプレゼント用などにおすすめです。

  • ブッチャー

    太い糸と細い糸を利用し、平織りと斜子織りを複雑に織り交ぜて作成された綿素材です。独特の雰囲気のある粗い手触りと、通気性の良さがこの素材の特徴です。こちらも反応染めで製造するオリジナル風呂敷の生地としてよく利用されています。

  • 金巾(かなきん)

    金巾にも種類が様々ありますが、基本的には上記の天竺木綿よりも薄手の綿素材となります。格安ののぼり旗などにも使用される伝統的な生地で、顔料プリントなどで別注製作されるふろしき向きの素材となっております。

  • ポリエステル5号帆布

    その名の通り、ポリエステル素材の生地ですが、帆船の帆にも使用されるくらい耐久性が高いのが特徴です。こちらも全面フルカラープリントなどに向いており、販促ノベルティグッズやラッピング用ふろしきにおすすめの素材となります。